ドクターコラム

COLUMN 02 歯周病を予防するには

歯周病の恐ろしさは、初期症状に気付きにくく進行しやすい点にあります。症状に気付いた頃には、ある程度進行してしまっているのです。そのため、「サイレント ディジーズ(静かに進行する病気)」と呼ばれています。
かつて歯周病は、「治らない病気」と認識されてきましたが、近年は適切な治療を行うことによって改善可能な病気となっています。多くの歯を失う原因にもなるため、歯周病について知り、予防に努めることはもちろん、何らかの症状に気付いたら早めに受診することが大切です。

歯周病を予防するには 写真

歯周病を防ぐためのプラークコントロール

歯周病を防ぐためのプラークコントロール

歯周病を予防するには、プラーク・歯石をしっかり除去することが大切です。しかし、歯周病になった人が、歯磨きをしていなかったとは限りません。毎日歯磨きをしている人でも、歯周病になる人はいます。歯磨きしているにも関わらず、歯周病になってしまうのは、正しく歯磨きを行えていないことが理由の一つでしょう。

当院では、歯磨き指導を行っていますが、大人の方も多く受けていただいています。「磨けているつもり」の方はとても多く、歯の磨き方を見直して、正しいブラッシングを身につけることが大切です。また、細菌がつくり出す「バイオフィルム」という膜は、歯ブラシでは除去できません。バイオフィルムをしっかり除去することも、歯周病予防において大変重要になりますから、歯科医院でクリーニングを受けることをおすすめします。

歯周病を防ぐためのプラークコントロール 写真

PMTC

PMTC
PMTC 写真

PMTCとは、歯科医院で行う徹底した歯面のクリーニングを言います。
丁寧に歯磨きをしているつもりでも、誰にでも磨き残しはあるものです。PMTCは、専用の器具・薬剤を使用して徹底的に汚れを除去し、病気が発症しにくい口腔環境をつくります。
PMTCについてはこちらで詳しくご紹介しています。

歯周病を効果的に予防するために

歯周病を効果的に予防するために

歯周病を予防するには、適切なプラークコントロールを行うことが不可欠です。しかし、それだけでなく歯周病の発症リスクを高める要因を減らすことも大切です。

歯周病の発症リスクを高める要因

歯周病の根本の原因はプラーク内の細菌ですが、汚れが溜まりやすい口腔環境になっていたり、歯肉の血流を悪くなり感染しやすい状態になっていたりすると、発症リスクは高くなってしまいます。

要因1
悪い噛み合わせ・歯並び
要因2
適合していない被せ物
要因3
ストレス
要因4
喫煙習慣
要因5
睡眠不足・疲労
歯周病と糖尿病の関係

歯周病は糖尿病の「第6の合併症」とも呼ばれているほど、糖尿病の人が歯周病になりやすいことがわかっています。歯周病と糖尿病は相互に悪影響を与えるため、歯周病・糖尿病それぞれに適切な治療が求められます。
糖尿病の方は、適切に血糖値をコントロールしながら、歯周病予防にも努めることが大切でしょう。

歯周病と糖尿病の関係 写真

歯周病の症状について知ることも大切です

歯周病が進行して歯槽骨が吸収されると、治療を行っても元の健康な状態に戻りません(骨を増やす治療が必要になります)。
しかし、初期段階で気付いて適切な治療を行えば、元の健康な状態に戻せます。歯周病の症状に早く気付き、進行させないことも大切です。

歯周病の症状

以下の症状に当てはまるものがあるならば、歯周病になっている可能性は否定できません。早めに歯科医院で検査を受けることをおすすめします。

  • 起床時に口のネバつきが気になる
  • 口臭を指摘された
  • 歯磨きをした時に出血する
  • 歯茎が腫れることが多い
  • 歯が長くなった(歯茎が下がった)感じがする
  • ぐらぐらする歯がある

その他の記事

web予約
お問い合わせ