メインビジュアル

「入れ歯だから仕方ない」と諦めていませんか?

当院では、噛めない・しゃべりにくいといった症状を軽減し、
「常に適合状態の良い義歯」をお作りします。
患者様の要望に応えるため、多くの義歯を取り扱っています。

入れ歯治療のメリット

メリット1
比較的治療期間が短い

治療期間が長くなりやすいインプラントに比べ、入れ歯は治療期間が短いです。

メリット1
手術の必要がない

入れ歯治療は体への負担が少ない治療法です。インプラント治療のように、外科的手術が必要ではないため、全身状態に関係なく適応します。

メリット1
治療の選択肢が豊富

入れ歯には、バネが気になって見た目が悪い、すぐに外れてしまうといったデメリットが挙げられますが、種類によっては、その欠点を軽減できます(保険が適用になりません)。

入れ歯治療の流れ

カウンセリング
STEP01カウンセリング

カウンセリング 写真

口腔内の診査を行い、治療への要望を伺いながら、
治療計画を立てていきます。

治療開始
STEP02治療開始

治療開始 写真

歯周病や虫歯がある場合には、優先的に治療を行います。

入れ歯の製作
STEP03入れ歯の製作

入れ歯の製作 写真

当院では、入れ歯の型を取る際には、保険診療・自由診療の区別なく、全ての患者様に対して院長が特殊なトレーとシリンジを用いて行います。それにより、装着後の入れ歯の噛み合わせがうまくいくようになります。

治療完了
STEP04治療完了

治療完了 写真

技工所で製作された入れ歯を装着し、装着感などを確認してもらいます。必要があれば微調整を行って、治療が完了します。
治療後に、医院でのアフターケアをしっかり受けることで、常に適合の良い状態を維持できます。

部分入れ歯と総入れ歯

部分入れ歯 写真

部分入れ歯

上下ともに健康な歯が少なくとも1本残っている場合の治療法です。取り外しができる部分入れ歯を、歯肉の上に被せ、残っている健康な歯にクラスプ(金属などのバネ)をかけて固定させます。

総入れ歯 写真

総入れ歯

総入れ歯は歯が1本も残っていない場合の治療法です。吸盤のように歯肉に密着させて固定させますが、密着力が弱ければ入れ歯安定剤を用います。
総入れ歯には、「しゃべりにくい」「噛みにくい」といった良くないイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、入れ歯の素材によっては、そのデメリットを軽減でききます。

保険の入れ歯

治療費を抑えることができますが、入れ歯の素材・構造の選択肢は限られます。
入れ歯の装着感や耐久性、嚙み心地などは、自由診療のものと比べ劣ります。

レジン床義歯

全体がレジンという歯科用プラスチックでできています。保険で入れ歯治療を行う場合には、レジン床義歯になります。

レジン床義歯 写真
メリット
保険診療のため費用が安い⃝ 修理や調整が行いやすい
デメリット
においや汚れが付着しやすい 床部分が厚くて、違和感がある 食べ物の温度が伝わりにくい 部分入れ歯の場合、金属が目立ってしまう

自費(保険適用外)の入れ歯

義歯や床、維持装置の構造などの選択肢が広がるため、
装着時の違和感・嚙み心地・耐久性・審美性は保険診療のものと比較すれば優れておりますが、
治療費は高額となってしまいます。金属床義歯などは自由診療です。

金属床義歯

床部分に、コバルトクロム・チタン・白金加工・金などの金属を使用している入れ歯です。厚みが少なく、熱伝導性が高いため、食べ物の温度が伝わりやすいという特徴があります。「金属床義歯に変えて、食事が美味しくなった」という声を多く聞きます。

金属床義歯 写真
メリット
耐久性に優れ、壊れにくく汚れにくい 装着時の違和感少ない 熱伝導性に優れ、味覚への影響が少ない
デメリット
保険が適用にならない 体質によっては、選択できない種類の金属床もある

マグネット式義歯

残存している歯根に磁性金属を埋め込み、磁石の力で入れ歯を固定します。「残っている歯根に負担をかけるのではないか」と心配される方も多いですが、側方から力がかかった場合には、外れるので歯根にかかる負担が軽減されます。

マグネット式義歯 写真
メリット
装着や取り外しが簡単 バネがないので目立たず、審美性に優れている 吸着力が高く、安定している
デメリット
磁性金属を埋め込む処置が必要である 保険が適用にならない
web予約
お問い合わせ