メインビジュアル

口臭の原因の約9割は口の中にあります

口臭は原因に応じた対策を行うことが必要であり、
検査によって原因を明確にし、適切な治療を行うことが大切。
当院は個室のカウンセリングルームでご相談に応じています。

口臭の主な原因

口臭のほとんどの原因が口の中にありますが、
その多くが歯周病と舌苔(ぜったい)です。

舌苔(ぜったい)
舌苔(ぜったい)

舌苔(ぜったい) 写真

舌の表面に付いている白い汚れは「舌苔」と呼ばれる細菌の固まりです。舌苔の中にいる細菌が放出する「揮発性硫黄化合物」という物質が、においの原因です。
揮発性硫黄化合物(VSC)には、メチルメルカプタンや硫化水素といったにおい物質が含まれますが、舌苔からは、「腐った玉ねぎのようなにおい」とも表現される「メチルメルカプタン」が多く検出されることがわかっています。

舌苔を防ぐには

舌苔は、舌ブラシ(舌クリーナー)などで除去することができます。これだけで、大きな口臭改善効果が得られる場合もあります。歯ブラシなどを使ってむやみに舌を磨くことは、舌の粘膜を傷つけてしまう可能性があり、おすすめできません。
当院では、舌ブラシの使い方や選び方など、歯科衛生士が正しい舌のケアについて指導を行います。そして、舌苔が付着しやすい根本の原因である、不衛生な口腔環境を改善するためのクリーニング・ブラッシング指導を行います。
舌苔を除去するだけでは、根本の原因は改善されません。適切なプラークコントロールにより、口の中の細菌を減らし、舌苔が付きにくい口腔環境を目指します。

舌苔を防ぐには 写真

歯周病

歯周病

歯周病を引き起す細菌は、口臭の原因となる揮発性硫黄化合物(VSC)を作ります。歯周病の人の口の中からは、揮発性硫黄化合物のうち「硫化水素」という腐った卵のようなにおいのする物質が多く検出されることがわかっています。

歯周病は、痛みなどの自覚症状がほとんどないため、症状が進行してから病気に気付くケースが多いです。また、口臭が強くなっているということは、歯周病が進行してしまっている可能性が高いと言えるでしょう。
歯周病は進行すると多くの歯を失うことにもつながります。口臭の改善はもちろん、歯を守るためにも適切な歯周病治療を早期に開始することが必要です。

歯周病 写真

口臭に関するよくある質問

口臭はどうして自分では気がつきにくいのですか?

ご家族などの身近な方から口臭を指摘されて、初めて口臭を意識される方も多いです。
自分の口臭に気が付きにくいのは、自分のにおいに慣れてしまうことが原因です。嗅覚は順応しやすく、においに慣れてしまうのです。

口臭が強い時間帯ってあるのですか?

特に口臭が強くなる時間帯は、朝起きた時です。眠っている間は、唾液の分泌が減少するため、眠っている間に細菌が繁殖し、朝起きた時に口臭が強くなっているのです。
唾液には、細菌の繁殖を抑えたり、口の中の汚れを洗い流したりする働きがあるため、唾液の分泌が減少すると細菌が繁殖しやすくなります。

web予約
お問い合わせ