メインビジュアル

痛みを抑えた治療に努めています

虫歯や歯周病、歯の根の治療、親知らずの抜歯、入れ歯治療など、
最も需要の多い通常の歯科治療です。

虫歯治療

虫歯は、細菌が作る酸によって、歯が溶かされる病気です。細菌によって歯が溶かされることを「脱灰」と言い、溶かされた歯を修復する働きを「再石灰化」と言いますが、この「脱灰」と「再石灰化」のバランスが崩れることによって、虫歯が発生してしまいます。
最初は歯の表面(エナメル質)で生じた虫歯も、進行するにつれてどんどん歯の奥へと進行してしまいます。進行すると神経の治療(根管治療)が必要になり、重度になると抜歯が必要になってしまいます。

軽度の虫歯

軽度の虫歯 イラスト
症状

エナメル質が溶ける

治療法

歯を削って
詰め物(インレー)
をする

中度の虫歯

中度の虫歯 イラスト
症状

象牙質が溶け、歯がしみる

治療法

歯を削って
被せ物(クラウン)
をする

重度の虫歯

重度の虫歯 イラスト
症状

虫歯の影響で痛みがでる

治療法

神経を除去し
土台を立てて
被せ物をする

抜歯が必要

抜歯が必要 イラスト
症状

歯が溶け、膿が出る

治療法

抜歯後、補綴治療を行う
(ブッリジ・入れ歯・
インプラントなど)

歯周病治療

歯周病は、成人の8割以上の方がかかっているとされ、「国民病」とまで言われています。誰もが注意しなければいけない病気です。
歯周病は、歯ではなく歯肉や歯周組織の病気であり、口の中の細菌が原因で生じます。初期症状としては歯肉の腫れ・出血があげられますが、ほとんど痛みはありません。痛みがないまま進行してしまうところが、歯周病の怖いところです。自覚症状がほとんどないまま病気が進行し、気付いた頃には重度にまで進行していることもあるのです。

症状1 イラスト

健康な歯茎

症状2 イラスト

歯肉の腫れ・出血

症状3 イラスト

歯周ポケットが深くなる

症状4 イラスト

歯茎にぐらつきがでる

歯周基本治療

プラークコントロール 写真
プラークコントロール

歯周病の原因であるプラークを除去することは、治療をスムーズに進めるために大切です。患者様にしっかりとプラークを除去できる歯磨きの仕方を指導いたします。

PMTC 写真
PMTC

PMTCは、専用器具を用いた歯石除去・歯面清掃を行い、徹底的に歯の汚れを除去します。歯周病治療の基本はプラークコントロールです。毎日のセルフケアが大切ですが、定期的にプロのケアを受けることが必要です。

スケーリング・ルートプレーニング 写真
スケーリング・ルートプレーニング

スケーリングは、歯の表面に付着した歯石を除去することを言い、ルートプレーニングは、ルート(歯根)に付着した歯石を除去することを言います。除去することで口の中の細菌を減らすことができ、汚れが付着しにくくなります。

噛み合わせ調整 写真
噛み合わせ調整

噛み合わせが悪いと、歯周組織に過度の負担がかかります。悪い噛み合わせにより、歯周組織に過剰な負担がかかると、歯周病の進行を招く場合があるのです。歯槽骨の吸収が促進される場合もあります。

歯周外科

歯周外科とは、その名の通り歯周病を改善するために行う外科的治療のことを言います。歯肉を切開し、歯根面を目視できるようにして、汚れを除去したり、歯根面を滑らかにして汚れが付着しにくくしたりします。
歯周外科治療は、基本治療を行っても改善しない場合などに行いますが、歯周ポケットの改善、プラークコントロールが行いやすくなる、といった効果があります。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術は、歯周ポケットが3~5ミリと比較的軽度の歯周病の場合に行うケースが多いです。歯肉を切開し、歯根に付着した汚れや感染した組織を取り除きます。

フラップ手術

フラップ手術とは、歯肉を切開して歯根を露出させ、歯根に付着している汚れを除去する術式です。重度の歯周病で行うケースが多いです。

定期検診

歯周病は、気づいた時にはすでに重症化していることも珍しくなく、日頃から予防に努めることが大切です。しかし、歯磨きを正しくできていないケースも多く、毎日歯磨きを行っているのにも関わらず、歯周病になってしまう方も多いのが実情です。
そのため、歯周病の発症予防と早期発見には、定期検診が有効です。歯周病を初期段階で発見できるのはもちろんのこと、発症リスクを高めるプラーク・歯石を除去することにより、効果的に予防できます。
また、正しいプラークコントロール(歯磨き・デンタルフロス・歯間ブラシの使用法)を指導し、セルフケアの質を向上します。

根管治療(歯の神経・根の治療)

根管治療は、神経に達した虫歯に行う治療です。「神経を抜く」といった表現の方が、イメージしやすいかもしれません。細菌によって汚染された神経(歯髄)や歯質を、専用の器具で除去し、神経が通っている管(根管)をきれいにします。

根管治療の重要性 イラスト
根管治療の重要性
根管治療の重要性

根管内の炎症を放置してしまうと、その悪影響は歯の根だけでなく、歯を支える骨にまで及びます。根管治療は実に細かな治療であり、直接見るのが困難な口の中で行う必要があり、大変難度の高い治療です。
どんなに綺麗なかぶせものをしても、土台になる歯が病気になってしまうと、歯ぐきが腫れたり、膿が出たり、痛みがでてしまいます。そうなってしまうと、どんなに高価なかぶせものでも取り除いてもう一度新しいものを作りなおさなければなりません。そのため、極力歯の根元の病気にならないように、根管治療で見えない基礎からしっかり治していくことが大切です。

web予約
お問い合わせ