高品質の治療をご提供

スタッフ一人ひとりが最高の治療を目指しています

当院は、常に最新で品質の高い治療をご提供するため、医師をはじめ全てのスタッフが、日々勉強し、技術の研鑽に励んでいます。近年の歯科診療の進歩は目を見張るものがあり、かつて一般的に行われていた治療でも、今は行われていないものが多くあります。歯科診療にかかわる全てのスタッフが、日々学び、技術を磨く必要があるのです。
スタッフ一同、「患者様の歯を守る」という同じ目標に向かって日々努力を続けています。

当院が考える高品質の治療

「治療の質」とは何でしょう?

「「痛みが少ない」「仕上がりが良い」「再発しにくい」「納得している」「費用が安い」…など多くの要素が考えられますが、抽象的であり、その質の評価は難しい部分もあるでしょう。
しかし、当院はその一つ一つを大切に、妥協することなく最高の治療を提供し続けることに努めています。
治療にかかわる一人ひとりのスタッフが自己研鑽に励み、チームとして連携し、最高の素材・治療環境を整え、患者様にご納得いただける治療をご提供いたします。

高品質の治療に向けた当院の取り組み

セミナーや学会に積極的に参加

臨床のレベルアップを目指すには、技術の向上や知識の習得は欠かせません。最先端の歯科医療を学び、臨床で活かすため、セミナーや学会に積極的に参加し、学ぶことを続けています。

当院は、医師だけでなく衛生士やトリートメントコーディネーター(TC)も勉強熱心なのが自慢です。衛生士は、月に1度フリーランス歯科衛生士の丸橋理沙先生を講師としてお招きしてセミナーを受けるなど、予防のプロフェッショナルとして技術を磨いています。また、トリートメントコーディネーターはTCの勉強会やセミナーに参加し、知識を増やしています。

最新設備を積極的に導入

より安全で精度の高い治療を行うためには、設備・機器も必要です。治療を行うのは人間ですが、その治療の精度や安全性を高め、確実なものとするためには、設備や機器が欠かせないのです。
しかし、ただ最新機器を導入しただけでは、診療の質には反映されません。導入し、活用することが大切です。当院は最新設備・機器を導入するとともに、それらをより活用すべく勉強し、臨床に活かしています。
また、目視では発見が困難な初期段階の虫歯を発見できる「ダイアグノデント」を導入するなど、抜かない・削らない治療を可能にする治療・検査機器も多く導入しています。

歯科材料へのこだわり

被せ物や詰め物、入れ歯、インプラントなど…さまざまな治療に使用される歯科材料は、一度治療を行うと長期的に口の中で使用します。そのため、安全性はもちろん、その審美性や治療の精度を維持することも大切です。インプラントにおいては、人工物を体内に埋め込むのですから、信頼性・安全性の高いものを使用する必要があります。
歯科材料も日々進歩していて、新しい優れた材料も開発されています。当院は、常に新しい材料にもアンテナを張り、より良いものを取り入れ、治療をより良いものにすべく努力を続けています。
使用する材料は、患者様にはわかりにくい部分です。しかし、入れ歯の精度の決め手ともなる型取りに特殊なトレーとシリンジを使用するなど、より良い治療のために見えない部分にもこだわりを貫いています。

web予約
お問い合わせ